読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Where's Waldo Now? 新タイムトラベラー ウォーリーをおえ!

一昔前、日本でも流行った「ウォーリーを探せ」シリーズの2冊目。群衆の絵の名から赤白シマシマの服を着ているウォーリーとその仲間を探し出す絵本。この記事によるともともとは1987年にイギリスの作家さんがウォーリー(Wally)という主人公の名前で出版した。。うちにあるのはアメリカ版で、ウォルド(Waldo)という名前。各国版ではだいたいWから始まる名前だけど、たとえばフランスではシャルリー(Charlie)になっちゃっている。

 

K(6歳)の感想:

探すのが面白いから。いろんな色がいっぱいついているから。全部の絵が好きだから。

好きなシーンはこれ。

砂の黄色がすきだから。緑があるから。ボートがあって海が好きだから。 

 

Where's Waldo Now?

Author: Martin Handford

新タイムトラベラー ウォーリーをおえ!

著:マーティン・ハンドフォード

US版

UK版のほうがちょっと安いですね。

日本版。言葉はないので何語でも関係ないんだけどね。